9月13日の中秋の名月の夜に、京都の八坂神社で行われた『観月祭』に行ってきました。

八坂神社の『観月祭』

9月13日(金)中秋の名月の夜に京都の八坂神社で行われる『観月祭』に行ってきました。

雅楽や琴の奉納演奏で、秋の風情が楽しめます。

実は、ここ観月祭でお琴を演奏しているのが、私の母親で、お弟子さん達と一緒にお琴を奏でてました。

中秋の名月とは?

中秋(仲秋)の名月というと旧暦八月十五日(十五夜)の夜の月のことで今年の中秋の名月は九月十三日です。仲秋とは秋の真ん中(旧暦八月)のことを云い、中秋とは旧暦八月十五日の事を云うそうで、名月とは秋の夕べにひときわ大きく昇るまん丸い満月のお月様のことを云います。

平安時代貴族などの間で月を愛でながら詩歌管絃して、お月見の宴が催されたものだそうで、平安京の宮中では966年の村上天皇の頃に正式な行事となったそうです。お月見の宴では十五夜などの月を愛でた和歌が遺されます。

京都では、今年も月を愛でる観月祭が各所でとり行われています。秋のよながを愉しめます。

八坂神社の境内の真ん中で、厳かな感じで行われてました。

長女も次女もお琴を習っているので、『あんな所で演奏したい~』と目をキラキラさせていました。

うちの奥さんが『来年はあなたも演奏してもらうからね』と言われてました。。。。

かなり、微妙な空気が流れてましたが、気にしないことに。。

12月25日、今日は京都の実家で『お琴』のお弟子さん達が集まっての『事始め』です。

2018.12.25
The following two tabs change content below.
やまちゃん

やまちゃん

最近、筋トレにハマってます。 二人の可愛い娘たちに、『パパかっこいい』と言われるのを夢見て。
やまちゃん

最新記事 by やまちゃん (全て見る)